家の裏でマンボウが死んでるP

PROFILE

家の裏でマンボウが死んでるP

音楽・原作・脚本を担当するタカハシ ヨウと、実姉であり漫画・イラスト・動画を担当する竜宮ツカサによるユニット。09年にニコニコ動画に発表した楽曲「家の裏でマンボウが死んでる」で注目を集め、リスナーが楽曲タイトルにボーカロイド系アーティスト名に使われる"P"を付け呼び始めたことでアーティスト名が決まる。

「粘着系男子の15年ネチネチ」「神様はエレキ守銭奴」などの、意味不明なタイトルからは想像できない、感動的な結末や聴き手をハッとさせる真理をついた詞世界が特徴。これまでに30曲以上の楽曲を発表し、動画共有サイトでの総再生回数は1,100万を超える。

特に代表曲のひとつである「クワガタにチョップしたらタイムスリップした」では、非日常的な世界感をベースにしながらも、聴き手の涙線に訴えかける力強いメッセージを打ち出し、ニコニコ動画のみにて120万回再生を記録。そして今年1月には、楽曲の原案をタカハシ ヨウ自らが小説化し、講談社BOXよりリリースされている。

昨年4月にはSPEEDSTAR RECORDSよりメジャー・デビュー・アルバム『My Colorful Confuse』をリリース。そして今年1月には「クワガタ」小説に加え、スクウェア・エニックス"ガンガンONLINE"にて原作をタカハシ ヨウ、作画を竜宮ツカサが手がける完全オリジナル漫画「浮かれバケモノの朗らかな破綻」が連載スタートしている。

そして今年4月から、タカハシ ヨウがFm yokohamaにてラジオ・パーソナリティーとして抜擢されており、番組「YOKOHAMA RADIO APARTMENT 家の中で生きてるラジオ(毎週木曜日22時〜23時20分放送)」は、ニコニコ生放送とも連動した新しい試みとして注目を浴びている。